払えない ツケ払い

ゾゾタウンの「ツケ払い」とは、税込5万4000円を限度額として、商品注文日から最大2カ月間支払いを先送りにできる制度だ。

これがまた、支払い能力の低い未成年者が、保護者に無断でこのサービスを利用してしまうことで、払えなくなる若者が増えている。

ネット課金もそうだがネットでの買い物はカードと同じで支払った感覚が実感できない。

金銭感覚がくるってしまうのである。それを若い世代が利用できてしまうのは非常にあぶない。

購入した感覚がないので、払うことを忘れて払うべきものを後回しにしてしまい、督促がきたときに危機を感じる。

いわゆる簡単に使えるローンである。規約に色々記入してるが所詮はネットでほとんどの人が読まないで

クリックしてしまう。未成年者の利用は制限すべきだと思うのだけれど・・・


あなたの不満、売りませんか?月最大1万円まで稼げます!
スポンサーサイト

宅配便値上げです

ヤマト運輸は13日の取締役会で、宅配便の基本運賃に関して、個人向けを含めて全面的に引き上げることを正式に決めた。

基本運賃の引き上げは、消費税の増税時を除くと1990年以来27年ぶりとなる。具体的な値上げ幅は今後詰める。

ドライバーさんに還元されるのなら仕方のないことですね。

サービスの拡大は利用者にとってはすごい便利な反面ご苦労される方がいるということは

念頭に置いときたいです。

雨だろうが何だろうがお届けする。いつも感謝です。


寮・食費無料!住み込みでバイトするならリゾートバイト.com!

TDLの人集め 時給を上げてみる

東京ディズニーランドで働くキャストいわゆるアルバイトの方の時給を上げてきましたね。

フード系が100円アップの1100円からと飲食系の人気のなさはディズニーでもって感じなのでしょう。

そして19時からの時給が全職種200円アップですよ。

それだけ夜働く人がいないということですね。

ただディズニーは働くうえで厳しいですからね、今どきの茶髪とかはダメですしおしゃれなんてできない。

本当にディズニーが好きじゃなきゃ厳しいですよね。

今どきの学生がその社内ルールを守ってまでやりたいかですよ。

今やディズニーでバイトしてるぐらいじゃ就職に有利になるとは思えないし

だって2万人もいるんですよ。それが出たり入ったりしてるわけで、ディズニー経験者は

結構な数いると思うんですよね。

今は人員不足ですけど・・・パークの状況によって勤務の短縮、閑散期のシフトに入れないなど

フリーターの方は生活が安定しないですよね・・・。

そして何年がんばっても正社員にはなれない。

今は契約社員を正社員にしたとしましたが、いわゆる地域限定正社員なわけで

総合職の正社員とは大きく差があるんでしょうね。

すっごい大手企業だけどこれだけ従業員に還元される率が低いということは

役員たちがいくらもらってるかだし・・・。

長期勤務者はせめて月給制の契約社員とかにすればいいのに。

夢を提供する企業が、従業員に夢を見せてあげられない現実。


あなたの不満、売りませんか?月最大1万円まで稼げます!

アマゾンの当日配達ヤマト運輸撤退検討

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、大口顧客であるインターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)から請け負っている「当日配達サービス」を段階的に撤退する検討に入った。

人手不足が深刻になる中、長時間労働の原因となっており、サービス継続が困難と判断した。

当日配達の荷物は夕方から夜間に集中し、ドライバーの負担になっている。

その上、大口顧客のアマゾンには割引運賃を適用しており、収益面でも問題があることから撤退検討の対象となった。

便利なサービスの反面その裏では大変苦労や負担を受けている。

特に昨今の人手不足の問題から、各企業は人員の確保も最優先の問題になっている。

WIN=WINの関係構築ができればいいのだろうがなかなか難しい。

配達量が増えても収益が増えず働く人に恩恵がないのであれば厳しいのかもしれない。


セブンプレミアム商品がここで買える!その他話題商品も続々登場!


てるみくらぶ 内定者面接会

破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)から、入社直前に内定を取り消された大卒者らを対象に、旅行業界の合同企業面接会が8日、東京都内で開かれ、元内定者35人が参加した。

 同社は破産手続きを開始した3月27日、4月から入社予定だった58人の内定を取り消した。

このため、業界団体の「日本旅行業協会」(東京都千代田区)が「困っている元内定者を支援し、旅行業界へのイメージが低下するのを防ぎたい」と、緊急の面接会を開いた。

 面接会には、旅行会社など約40社が参加。元内定者たちは志望する企業の担当者に会い、真剣な表情で自己アピールしていた。

本当は心を躍らせ新しい一歩を踏み出すはずだった、新社会人。

救いの手が差し伸べられた。


【就活エクスプレス】