ユニリーバジャパン 最速内定 1,2年で

世界的な消費財メーカー、ユニリーバの日本法人ユニリーバ・ジャパンが、最速で大学卒業の2年前に内定を出す新卒採用制度を今月、導入した。

通年で応募でき、対象は従来の大学3年生中心から大学1年生にまで広げた。留学中でも応募しやすくするねらいだ。

新制度ではエントリーシートを廃止。

オンライン上で登録し、ゲームをしたり、質問に答えたりして適性を判断する。

人事部門の面接や職場で課題をこなす1日がかりの選考などの後、最終面接をして内定を出す。

 応募者は通年で登録でき、対象は大学1年生から卒業3年後まで。飛び級などを含めて、大学1~2年生にも内定を出す可能性がある。ただし、入社は卒業してからとなる。

段々と内定を早く出し企業の採用の仕方が今後変化していく。

フリーター・既卒の正社員求人のご紹介
スポンサーサイト

宅配便は10月から値上げ ヤマト

ヤマト運輸は5月19日、宅急便の基本運賃を10日1日から値上げすると発表した。

荷物のサイズに合わせて140~180円プラスする。

4月時点では実施時期を9月末としていたが「社内で検討した結果、10月1日に決めた」

これでサービスをキープするとともに従業員の福利厚生が上がるといいですね。


【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

各種手当込。みなし残業代含むの求人はよくない

昨今、人手不足の影響と景気の好調から、求人も多くなりました。

しかしながら、大切な時間を無駄にしないためにも、その企業の事を徹底的に調べて

自分の今の条件と合致するかしっかりと把握しとくべきと思います。

特に求人票の書き方でうまく隠している部分があります。

それは給与の部分と休日についてです。

まず給与は基本給を書いているところと残業代などのすべて込の給与額を提示しているところです。

これはもちろん基本給だけをしっかり記入しているところがいいです。

色々含めて金額は大きく見せて月給をよく見せようとしてますが、実際残業代30~60含むの場合を逆計算すると

基本給が他よりかなり低い場合があります。またこの基本給のみを賞与にする場合が多いので、至急月数が多くても

少ない場合があります。

みなしといえども企業はしっかりとこの部分を働かせようとする企業も多いです。

特に飲食。サービス系などはほとんどそうです。

休日についても、完全週休2日と書かなかったり。

やりかたによっては、休めるみたいなあいまいな感じで書いてるとこもありますが、

ほとんど嘘です。みなし分の残業を消化するために出勤させられたりします。

ですので求人票の甘い言葉だけに騙されてはいけません。

今やネットがあり情報はたくさんあります。しっかりと見つめ納得して働いたほうがいいです。

求人票をサイトに載せるのにもお金がかかっています。転職サイトも商売です。ある一定の成果を

会社にもたらされなければなりません。

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!




罰則付きの残業時間

「働き方改革」で長時間労働を是正しようと、政府は労働基準法改正案など関連法案を今国会に提出し、「罰則付きの残業時間の上限規制」を導入する方向だ。

 望ましい残業時間の上限については、「80時間」が40%と最も多く、「60時間」と「60時間未満」がそれぞれ19%、「100時間」は11%だった。

 政府は繁忙期の残業時間の上限を「100時間未満」とする方向だ。
これに対し、「評価する」「ある程度評価する」との回答は計90%を占めた。「突発事項への対応が考慮されている」(商社)などの意見があった。

2月には、月末金曜の仕事を早く切り上げる「プレミアムフライデー」が導入された。
国を挙げたPRにもかかわらず、「特に対応はしなかった」と回答した企業が3分の1。
「業務特性上、早帰りは難しい」(流通)、「本社勤務と工場勤務で差が出るのは望ましくない」(素材)といった事情があるようだ。


東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

救急隊員の食事にご理解をしましょう

消防団員7人が打ち合わせの場所から分団に戻る途中に消防車でうどん店に立ち寄り昼食を取ったとしクレームが入り、市の消防本部が謝罪するという騒ぎがあり、謝罪する必要はないとの議論がネット上で巻き起こった。

 実は、救急隊員も働き詰めの場合が多く、いくつかの自治体ではホームページ(HP)で、隊員が食事を病院の売店で買ったり、病院職員の食堂で食べることに理解を示してほしいと市民に理解を求めていることが、消防団の騒ぎでクローズアップされることになった。

ネット上では消防団員の時と同じように、「救急隊員に食事を取ってもらうべきだ」という擁護の声が上がっており、クレーマーへの批判も多く出る事になった。

船橋市消防局は2016年からHPで、
「救急隊は連続する出動などのため、食事が摂れない場合がありますとし、
 「ご理解をいただいた病院の売店等で飲食物を購入し、飲食を摂ることにしました」
としている。

 千葉市消防局も数年前からHPで、
 「救急隊員が病院の職員食堂などで食事(飲食)をする姿を見かけることがあると思いますが、緊急の要請に対する出動体制は維持しておりますのでご安心ください」
と掲示している。

 札幌市消防局もHP上で
  「食事を摂らずに救急活動を行う事を改善するために、通常の食事時間を過ぎた場合について、最寄りのコンビニエンスストアに立ち寄り、飲食物を購入することで対応することと致しました」

などと、救急隊員の食事に理解をしてもらうお願いをしている。

救急の際は、一刻も早く現場に急行し命を救うお仕事をしています。
食事もろくに取れない場合もあります。
救急隊員の皆様は自分の事よりも他人の人命を優先し職務を遂行している。
これにクレームを出す人は、自分が助けてもらう立場になった時なんというのだろうか。


誰にも知られず性病検査