若者応援 好待遇の研修でがんばれる 地方から都心へ


学歴や地方格差によって自分の可能性に気づけない若者達へ、
半年間の研修プログラムとサポートを無料で提供することにより問題解決を行い、
自分の可能性を見出し行動することができる、
社会にとって有用な人材に成長してもらうための都心体験型インターンシップを提供しています。

1.地方在住・中卒高卒の方の経済的負担を研修終了まで無償で完全サポート
・三食分の食費を提供
・給料ありの実地研修により研修中の職を提供
・住居を提供

上記を無料提供することで、上京を決意する際に足かせとなる経済的負担を取り払い、
より多くの若者に新しい挑戦へと取り組んでもらえる様にしております。

2.座学・実地研修を行い半年~1年で社会で活躍できる能力を習得
・完全個別英会話・ビジネスe-larning・人間力研修・就活講座・企業様の講演・プレゼン研修・マーケティング講習など
 多様な研修を導入。基礎から応用まで幅広い知識の習得が可能です。
・実地研修にてダイレクトセールスを取り入れている為、ビジネスマンとしてのPDCAサイクルを多く体験でき、
 成長速度を上げることができるため半年間での卒業が可能となっています。

3.卒業後は個人の選択を尊重。就職/Uターン/留学など幅広く支援が可能
・期間の強制契約などはなく、相談の上自由に帰省などができ、途中で研修を終えることも可能です。
 あくまで本人達の挑戦を支援する立場の為、本人が意思が最優先な為です。
・卒業後は研修で得た価値観と行動力の元、多様な選択を選ぶ若者が増えています。
 面談の上本人の意向に合わせ、進路先へのご支援を行なっております。

対象は
1.16歳~22歳(最終学歴中卒以上の方)
1.第二新卒者、既卒者
2.就職浪人者、フリーター、ニート、大学中退者、中退を考えている方
3.転職希望者

中卒・高卒の都心体験型インターンシップ!職業訓練から就業支援まで!【ハッシャダイ】

スポンサーサイト

好調の電子マネー

2016年の電子マネーの決済金額が初めて5兆円を突破し、決済件数も50億件を超えたことが、日本銀行が28日に公表した統計で明らかになった。

07年の調査開始以来、電子マネーの利用は右肩上がりで増えており、買い物の「キャッシュレス化」が進んでいる。

他社たくさんの電子マネーがでてきたけど、分散化しすぎてつかわずに消えていくお金もあるんだろなー。


低価格・高セキュリティ「攻撃遮断くん」

2月の終わりに

2月11日は建国記念日でした。

日の丸を掲げる風習もすたれてきて、若者も何の日かすらわからない。

国民の祝日にはたくさんの意味があるんだなとだんだんわかってきました。

名前が変わっていくから昔のことが薄れてしまってわからなくなっていく。

そんななか、3月の卒業式に向けまた一波乱ありそうな予感です。

国旗掲揚、国歌斉唱をしないなんて、本当に日本国民なんだろうかと疑問符です。

やらない理由、やりたくない理由もわかります。

しかし、大人の判断で誤ったことを子供に教えるのは良くない。

輝かしい日本にするためにも今の若者が誇れる日本であってほしい。


店舗・家庭用国旗セット〈C〉・国旗は水をはじく撥水加工付き【テトロン国旗70×105cm・3m6段組み立て式スチールポール付き】・安心の日本製

PIERROT、DIR EN GREY まさかのジョイントライブ

ビジュアル系ロックバンド・DIR EN GREYとPIERROTが、7月7・8日の両日、横浜アリーナで初のジョイントライブを行うことが明らかになった。

12日午後2時、情報を聞きつけたファンら約5000人の観衆が見守るなか、東京・新宿アルタのオーロラビジョンで発表された。

まじわることのなかった2大バンドの融合。

V系バンド全盛期の1995年後半から2000年代前半にかけ、“2大カリスマ”として人気を集め、ライバル関係にあったDIR EN GREYとPIERROTがタッグを組んでのプロジェクトが始動することは、1月1日に発表されていたが、その内容や詳細は明かされないままだった。

敵対していたバンドがタッグを組む。当時のファンも敵対していたがここに融合していく。


エンタメチケットの予約・購入は「チケットぴあ」で

屋内禁煙 受動喫煙対策法案

受動喫煙対策の新しい法案をめぐり、塩崎厚生労働相は、閣議後の記者会見で、「加熱式たばこ」については、規制の対象とするかどうかについて、その判断を先送りする方針を明らかにした。

塩崎厚労相は「(健康への影響を)科学的に分析しなくてはいけない。議論していただいている中で、法律として書き込むことは、まだ予定していない」と述べ、飲食店での「屋内禁煙」などを盛り込んだ健康増進法改正案の条文では、「アイコス」や「プルーム・テック」などの加熱式たばこについては明記せず、法律の施行までに最終判断する方針を明らかにした。

喫煙できる場所の縮小とタバコがなくなるかもしれない。

特に経済的にもダメージを受けそうなのが、居酒屋、パチンコ店などだろう。

特に喫煙者が多いイメージがある。

健康増進法を掲げていくうえでタバコを辞めるという手助けも必要になってくると思う。

タバコにも税金が大きくかかっているわけで、禁煙者が増えれば必然とタバコの値段も上がってくるだろう。


驚異の吸い心地!電子タバコで禁煙ライフ!【JPvapor】

保護なめんなグッズも作成

神奈川県小田原市の生活保護担当職員が「保護なめんな」とプリントしたジャンパーを着ていた問題で、市は9日、職員のTシャツなど8品目に「生活」「保護」「悪撲滅」「チーム」をローマ字などで表記した際の頭文字を取った「SHAT」の文字が入っていたと発表した。

8品目はTシャツ、半袖シャツ、フリース、マウスパッド、マグカップ、ボールペンなど。

ジャンパーが製作された翌年の2008年から16年に、職員有志が自費で作っていた。

ジャンパーの問題が発覚後、「SHAT」の文言入りのポロシャツも作っていたことがわかっており、これで不適切な品は10にのぼった。

福祉課のケースワーカーも市の圧力などにより徹底的に締め付けられ

おかしな方向に進んでしまった。

働けなくて生活に困窮している人に適用される生活保護だが数々の問題点は山積み。

まず、体が動けるが就職先がない人には仕事の斡旋、教育を徹底しておこなうべきと思います。

市の臨時職員や緊急雇用の際に声かけ、社会に共存できるようにしなくてはならないのかと思います。

生活保護は勝ち組といってネットで配信していたり、つぶやいていたりといった人はごく一部で

本当に困っていてもらってることさえ恐縮している人のほうが多いと思います。

金流れや態度からも不正受給や怠慢などで得ている人はプロなら簡単にわかるとおもいます。

この件はケースワーカーが行き過ぎた行動をしただけであり、不正撲滅したかった気持ちはうかがえます。

東京都の就職支援施設!東京しごとセンターヤングコーナー






2月7日は北方領土の日

2月7日は北方領土の日です。

日本固有の領土であり1945年にソ連が敗戦が決まり日本軍の武装解除の時に攻め

占領した。北方領土です。政権が変わりロシアになってもいまだに返還されません。

日本人も1万人以上生活していたふるさとでもあります。

現在は高齢になり結局故郷に帰れないままになってしまった方もいます。

日本の外交はいつも弱気であります。

今回も返還の話をネタに金をむしり取られただけに終わってしまいました。

そしてこの先も風化してしまわないように北方領土について、

この先の日本を背負う若者に伝え続けなくてはなりません。


【匠テラス】切り絵スターターキット

米雇用統計大幅改善

米労働省が3日発表した1月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比22万7000人増(前月は15万7000人増)となり、雇用情勢の改善を示した。

失業率は4.8%と前月比0.1ポイント上昇した。

1月20日のトランプ政権発足後、初めての雇用統計となった。

政権が特に重視する製造業は前月比5000人増となり、前月の1万1000人増を下回った。

小売業や金融業などサービス業が就業者の増加を主導した。

失業率の上昇は、雇用情勢の改善を背景に職探しを始めた人が増えたためとみられる。

幸先の良いスタートなった。

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

これはひどいアルバイトから罰金

東京・武蔵野市にあるセブンイレブンで、アルバイトの高校生が病欠したところ9350円の罰金を徴収されたことが話題になっている。

給与天引きという方法や罰金の理由、その金額など複数の観点から労働基準法への違反が指摘されているのだ。

これはひどい誰しも体を壊しかねない。たしかにぎりぎりの人数で運営しているところでは

休まれると大変だが、罰金を科すのはおかしい、ましてや9350円と高額。

休んでも何かしらの対処ができるようにするのが、社員の仕事ではないか。


毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター