嫌韓ムード拡散

大阪・ミナミの人気すし店が10月、海外からの旅行客にわさびを過剰に入れたすしを提供していたとして謝罪に追い込まれた。
わさび増量のすしを出されたという韓国人客がインターネットで「わさびテロ」「差別だ」と書き込んだことがきっかけ。
店側は「(中国・韓国人客からの)わさび増量の要望が多く、了解なしにサービスとして提供した。差別の意図はなかった」と説明したが、店側による真偽不明の差別的言動がネット上で流布され、日本の“民族差別”との誤解が広がりかねない状況だ。
さらに、別のトラブルも重なり、韓国メディアの報道が検証を欠いたまま「大阪で嫌韓ムード拡散」と過熱し、日本の報道機関も後追いする…。もはや“空騒ぎ”ではないか。

また始まってしまいました。

まー何をしたいのかわからない。

韓国政府も日本から金ほしかったらもっと仲よくしようとすればいいのに。

もう全部韓国との関係は0にしよう。


デリバリー等の経験は一切不問!宅配ピザの【ナポリの窯】アルバイト募集
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント