鉄道自殺 内訳発表

過去7年間に鉄道自殺した4261人の職業や原因の内訳が、政府のデータから明らかになった。
厚生労働省自殺対策推進室が筆者の開示請求に応じてデータを提供した。
大まかな年齢階級も記載されているため、どのような人が、どのような原因で鉄道自殺したのか、初めて集計できるようになった。
自殺対策推進室の担当者は「過去に同様のデータを公表・提供したことはない」と述べており、鉄道自殺に絞った職業や原因が判明するのは初めてとみられる。

集計したところ、鉄道自殺の5割強を「無職者」が占める一方で、「生徒・学生等」が430人と約1割に達していることがわかった。
自営業以外の有職者(勤め人)は1246人で全体のほぼ3割を占め、無職者に次いで2番目に多かった。
具体的な職種が判明しているうち最多だったのは「事務職」の151人、次いで「専門・技術職」の133人だった。

自殺の原因別では、自営業以外の有職者の場合、1位が精神疾患や身体の病気などの「健康問題」で、2位が職場の人間関係などの「勤務問題」だった(原因不詳を除く)。「生徒・学生等」だと「いじめ」が原因だったのは6人で、「就職失敗」も11人いた。

ふとした瞬間に絶望を意識してしまい、衝動的にやってしまうことが多いみたいですね。

電車止めるとかなり損害賠償されるからびみゅーですよね。

自殺を食い止めるためのホームドアの設置やガードマンの配置など大変ですが、

人身事故はなくならないですよね。

死ぬ前になにかあるはずだと思うんだ。

話を聞いてくれる人もいると思うんだ。

その一歩を引っ込めてまずは一呼吸しよう。

嫌なこともあるけど、いいこともあるから。




リアルな声と雰囲気からイメージできるバイト探し、バイトーク


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント