介護福祉士留学生 10倍

専門学校などで介護福祉士を目指す留学生が従来の10倍超に急増している。
国家資格を取得した外国人が継続的に就労できるよう在留資格に「介護」を設ける入管法改正案が国会で審議されており、法改正を見越した動きだ。
介護人材は2025年に30万人以上不足するとみられており、「外国人介護福祉士」の活躍が本格化しそうだ。

介護の人材不足の深刻化は著しいですが、正直、給与の安さのわりに重労働であり、

今の若い子たちが進んでやろうとは思わない職業になっている。

特に今はどこも人手不足なので、若い子たちは職業を選べる。

海外の手を借りるのは仕方ないが、本当に仕事に来ているのか

目的をちゃんと持っているのか入国の際にしっかりすべきだ。

不法滞留も増えてきているし、差別すべきではないが、

犯罪が増えないことを祈ります。

介護職のかたにはもっと支援をすべきです。

海外にばらまく金があるなら国内にも少しはばらまけ。


看護師を目指してるあなた!看護学校受験対策で看護学校で確実入学しよう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント