無人バス 実証実験

ハンドルなど運転席のない無人運転車両の、国内では初めてとなる公道での走行実験が13日、秋田県仙北市の田沢湖畔で行われた。
国家戦略特区における内閣府のプロジェクトで、一般公募で集まった市民らが、県道で片道約400メートルの湖畔を試乗。
「不思議な感じがした」「移動手段として早く実用化してほしい」などの声が聞かれた。

無人化が進みすべて機会が運用される世の中に近づいてきたことを感じさせます。

人の代用として機械化、自動化が進み便利になる一方、安全面などの確実性が求められる気がする。

日本は基本的に平和なので、犯罪を犯すことを想定していなかったりするし、災害の際も危惧されます。

ゆりかもめは自動運転ですが、大地震の際は完全にマヒしてしまいました。

ワイドナショーも応援!【熊本VOLTERS公式グッズ】

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント