年金受給資格短縮 64万人に救い

年金を受け取れない人を減らすため、年金の受給に必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が16日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。

対象は64万人。

年金の問題は今後かなり大きな問題になる。長い生きすれば得をするが短命だと損をする。

昔はそれほど医療も発展していなく平均寿命も短かった、そして若い世代が多かった。

今はすべてが逆転してしまった。また生活保護のほうが年金より高いという事実。

不平等感をなくすためにも全員平等配布にすればいいのに。

福祉の為にも削れるとこは削り、税金を上げて年金制度なんていっそ廃止すれば

いいのにと思ってしまう。似たような国の政策が多くあり無駄が多いから統一すればいいのに。



低価格×高品質×新設フォローの自費出版



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント