ヤマト運輸支店に是正勧告

大手運送会社ヤマト運輸で運転手の男性(38)に対し残業代の不払いがあったなどとして、横浜北労働基準監督署が同社の神奈川平川町支店に是正勧告を出していたことが16日、分かった。

端末入力後もパソコンなどの事務作業をしていたが、その分の残業代が支払われていなかった。

人員不足がまずあったみたいですが、正直結構な企業ではこんなことは日常茶飯事に起きている。

時代の変化と情報の拡散の速さが、従業員に口止めさせない状況を作り

企業は従業員を舐めていると痛い目に合う時代になってきた。

正直良い時代になったのかもしれない、従業員を大切に想う企業が増えていくとおもうから。

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント