千葉中心部衰退

千葉市の中心市街地の空洞化が加速している。
今月末には若者のファッションを支えてきた千葉パルコが40年の歴史に幕を下ろし、来年3月には三越千葉店も閉店する。
一方、三つの鉄道が集まる千葉駅周辺では、20日にJRの新駅舎が開業するほか、今後も再開発が予定され、にぎわいの一極集中が進む見通しだ。中心市街地は生き残ることができるのか。

千葉駅の衰退は激しい、湾岸エリアのほうが賑わっている。

ライバルが近いところに多すぎるし、東京、都心に近いからみんなそっちに流れるし、

ほかの地域からわざわざ千葉に行こうと思わない現状になってる。

かなりの再開発が必要だと思う。

ほかの地方の昔はやってた商業地の衰退と同じで、どこも厳しくなって都心部への集中を拡散させていかないと。

働く人の企業を地方へ誘致させていくのかな。


電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント