地震の予測難しい

 今回の地震に伴う津波で最も高い1・4メートルを観測した仙台港では、この津波の到達時に津波警報が出されておらず、気象庁はこの津波を観測した後で急(きゅう)遽(きょ)、注意報から警報へ切り替えた。
東日本大震災を受けて津波の観測態勢は強化されているが、地形の影響を受ける第2波以降を予測するのは依然として難しいのが現状という。

自然の現象を予測するのはやはり限界があるのだろう。

以前は緊急地震速報がよくなっていたのだが今回はならなかった。

最近の自身の多さは危機的な状況になっても備えるべき期間なんじゃないかと思う。


Yahoo!ショッピング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント