年金法案採決

与党が25日の衆院厚生労働委員会で年金制度改革関連法案の採決に踏み切ったのは、与野党対立が深まる中で今国会中の成立を確実にするためだ。
法案成立に向け、政府・与党は今国会の会期延長を決めたが、延長幅は最小限にとどめる方針だ。
野党からの批判を早期に封じようとする本音も見え隠れする。

もう年金はみんながわかっていた通り崩壊の兆しにきている。

若者の減少と所得の減少がこのような結果になったと思う。

とくに社会保険に非加入の人は年金を払っていないだろう。

払うほど余裕はないだろうし、もらえるかもわからないものに払いたくもないだろう。

たしかに何時間議論しても無駄であろう。

税収を切り詰めて確保するしかないのだから、結局は若い人につけまわってきてしまう。


電子ギフト券の売買ならGiftissue
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント