休眠預金法で若者支援

金融機関の口座で10年以上放置されている「休眠預金」を民間公益活動の財源として利用できるようにする議員立法の法律が、2日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立した。

 「忘れ去られたお金」のうち、毎年500億~600億円が子どもの貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用されることになる。休眠預金を活用する団体は公募で選ばれるが、不正利用の防止など使途の透明性確保が課題になりそうだ。

忘れ去られたお金が新たに利用され、若い世代に希望を与えらるように使用されるのはとてもいいことだと思う。

しかしながら悪い人や団体もあるので搾取されないようにしっかり把握してほしい。


空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント