ブラック求人規制

厚生労働省は、実際とは異なる虚偽の賃金や待遇を示して求人をした企業に対する罰則を強化する方針を決めた。
好条件に見せかけて求人する手口への規制も強める。
13日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の職業安定分科会でこうした方針が了承された。
職業安定法の改正案を来年の通常国会に提出する方針だ。

虚偽の求人が多く、入社してもすぐにわ辞めることができず、労働者にとっては

とても耐えがたい事態を招くこともあるので徹底的にやるべきだと思う。

しかしながら、会社も経営している以上純粋な求人を出しても人が集まらなく、

会社の経営がなりゆかい場合もある。色々な面で問題があるが、

雇用主と労働者の関係が圧倒的に労働者が弱者であり、

働くことへの意欲さえも欠乏させてしまうかもしれないので、雇用関係のほうの整備は徹底てして行い、

労働意欲を向上させ経済を安定していってほしい。


toto オフィシャルサイト

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント