非正規改善案

政府は20日、非正規労働者の待遇を改善する「同一労働同一賃金」の実現に向け指針案を示して取り組みを強化する方針を表明したが、産業界では導入への警戒感を強めている。
「制度が決まれば対応しなくてはならないが、コスト的には厳しい」と、人件費の拡大を懸念する声が圧倒的に多い状況だ。
人手不足のなか人材流出の懸念もあり、産業界は対応に苦慮している。

色々な問題もあるが、やはり格差が開きすぎてしまった結果なのかもしれない。

人件費が拡大すれば、コストも増え提供する商品の値段も上がる。

収入が増えるが、物価も高騰してしまうのではないかとも思うが、安定定期に雇用できればいいと思う。

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント