月80時間越えで企業名公表

現行の月100時間超の違法な長時間労働を、月80時間超に見直す。早ければ来年1月に各労働局に通達し、適用する。

 行政指導段階での企業名の公表について、昨年5月に導入された現行の基準は、1年間に3事業所で、10人以上または4分の1の従業員に月100時間超の違法な長時間労働があった場合としている。
しかし、過労による労災認定についての基準はなく、これまでに公表されたのは1社だけだった。

企業にとっては厳しい処置になり、労務実態の改革が必要になる。

長時間労働をなくして、労働者にとって良い環境になることを願っている。


立ちっぱなし、座りっぱなしで腰に負担を感じる方には



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント