三越伊勢丹三が日休み検討

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は2018年から、主要店舗で正月三が日は休業し、4日からの営業とすることを検討する。
現在は元日に休み、一部の店は2日から、多くの店は3日から営業している。
正月の休日を増やし、従業員の働く環境に配慮する狙いがある。

従業員にとっては非常にうれしいことだとおもう。

1日から空いてるお店があたりまえになりつつあるが、時期をずらして開店するのもメリットがあると思う。

大抵は福袋狙いなので、時間をずらした開店でも集客に変わりはないと思う。

従業員が満足してよりよいサービスを提供できることが企業にとってもいいことにつながると思う。


豪華経費と交換可能なゲームサイト【アリスタウン】


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント