たばこ出荷量減少

国内でのたばこの消費が減っている。

社会の少子高齢化や健康志向の高まりで、喫煙者の数が減少していることが要因だ。

 日本たばこ産業(JT)によると、2016年の紙巻きたばこの販売数量は前年比2・8%減の1062億本だった。

前年割れは3年連続。販売数量は東日本大震災によりたばこ製品が一時出荷停止となった11年以来、過去最少を更新した。

若者のタバコばなれもすごいもので喫煙者がどんどん減っている。

またタバコの値上げも要因のひとつだと思う。

今後も値上げが予測される中、どんどん現象傾向に進むのでは。

しかしながら、未成年が買えないように色々対策はされているがいまだに未成年の喫煙問題はなくならない。


G-TAC動脈硬化リスク判定検査

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント