大統領令を受けJAL・ANA搭乗拒否

トランプ米大統領が大統領令で、中東・アフリカの7カ国の国民や難民の入国を一時禁止としたことを受け、全日空と日本航空は30日、対象の人の米国便への搭乗を原則として断る方針を決めた。

国際航空運送協会(IATA)が、大統領令の内容を世界の航空各社に周知したことを受けた措置。

トランプ大統領の大統領令を受け各国の航空会社が同様に拒否する方針。

テロ対策として大統領が本気になったのか、入国できない処置をとっている。


寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント