屋内禁煙 受動喫煙対策法案

受動喫煙対策の新しい法案をめぐり、塩崎厚生労働相は、閣議後の記者会見で、「加熱式たばこ」については、規制の対象とするかどうかについて、その判断を先送りする方針を明らかにした。

塩崎厚労相は「(健康への影響を)科学的に分析しなくてはいけない。議論していただいている中で、法律として書き込むことは、まだ予定していない」と述べ、飲食店での「屋内禁煙」などを盛り込んだ健康増進法改正案の条文では、「アイコス」や「プルーム・テック」などの加熱式たばこについては明記せず、法律の施行までに最終判断する方針を明らかにした。

喫煙できる場所の縮小とタバコがなくなるかもしれない。

特に経済的にもダメージを受けそうなのが、居酒屋、パチンコ店などだろう。

特に喫煙者が多いイメージがある。

健康増進法を掲げていくうえでタバコを辞めるという手助けも必要になってくると思う。

タバコにも税金が大きくかかっているわけで、禁煙者が増えれば必然とタバコの値段も上がってくるだろう。


驚異の吸い心地!電子タバコで禁煙ライフ!【JPvapor】
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント