相模原事件

相模原で起きた史上最悪の事件。

加害者は、犯行予告をほのめかし、事件前には入院までしていた。

結局警察や行政は事件が起きてからでないと動かない。

最低でも経過観察ぐらいはすべきだったと思う。

彼の思考を壊した大麻や危険ドラッグに加え現状の社会、特に福祉に従事する人の

過重労働、低賃金。色々な要因から事件が起きてしまった。

そこで、ヒトラーに人権差別主義を目に触れ、

いつしか自分が神に近い存在。善い行いしたと思い込んでいる。

すべての人ではないが、こういう福祉の現場でまっとうに働いている方でも

いつしか情熱が剥げてきて疲れ切ってしまうのではいだろうか。

過酷な職なわりに待遇がまったく良くならないのは現実で、

無駄な議員を増やすより、待遇を良くしたり、カウンセラーを置いたり

もっとこのことを受けて、福祉業界の闇を払しょくし

本当の意味でもお互い納得のいく良い業界になってほしいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント