アマゾンの当日配達ヤマト運輸撤退検討

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、大口顧客であるインターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)から請け負っている「当日配達サービス」を段階的に撤退する検討に入った。

人手不足が深刻になる中、長時間労働の原因となっており、サービス継続が困難と判断した。

当日配達の荷物は夕方から夜間に集中し、ドライバーの負担になっている。

その上、大口顧客のアマゾンには割引運賃を適用しており、収益面でも問題があることから撤退検討の対象となった。

便利なサービスの反面その裏では大変苦労や負担を受けている。

特に昨今の人手不足の問題から、各企業は人員の確保も最優先の問題になっている。

WIN=WINの関係構築ができればいいのだろうがなかなか難しい。

配達量が増えても収益が増えず働く人に恩恵がないのであれば厳しいのかもしれない。


セブンプレミアム商品がここで買える!その他話題商品も続々登場!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント