名古屋 レゴランド拡張計画

国内初の屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」の運営会社は2日までに、敷地を現在の1.4倍の約13ヘクタールに拡張する方針を明らかにした。

アトラクションを増やして集客力を高めるのが狙い。パークに隣接する名古屋市の土地を借りる方向で調整する。

敷地拡張計画とは別に、パークの近くにホテルと水族館「シーライフ」も建設中で、いずれも2018年に稼働させる予定だ。

レゴランド・ジャパンは4月1日に開業。

東京ドーム約2.5個分に相当する9.3ヘクタールの敷地にジェットコースターなど40以上のアトラクションがある。

今の敷地面積と料金設定でお客のニーズに完全にこたえられなかった。

期待する近隣施設での撤退店舗も相次ぎ取り急ぎの経営転換が必要になったのでは、2018年に稼働は非常に早い。


格安航空券のネット予約受付中|格安航空券モール


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント