FC2ブログ

人手不足の負のスパイラル

昨今、人手不足というワードが溢れています。

募集しても人が集まらず、経営ができなくなる。

6月の有効求人倍率は1・62倍と前月よりもあがった。

現状人手不足の問題は、企業側にもあるのではと思う。

これだけ仕事が多く売り手市場なのにもかかわらず、福利厚生は良くならず、給与もあがらない。

人手不足とはいえ企業は、給与や福利厚生を良くしたくない。

人手がいないので、業務が多忙になり不可がかかる、また新しく入ってきても

忙しさから教育をしっかりできず、定着しない。

結局は企業は安くて文句を言わない人がほしい。

氷河期やリーマンショックを経て非正規を大量に使うことになれてしまった。

また安い賃金で働く人を使うことになれてしまった。

結局のところ企業側は、安くていつでも切れる非正規がほしいのだ。

現状はこの負のスパイラルが続いている。

企業も労働環境の改善を行い、定着を増して人を確保していくしかない。

正直、日本の正社員制度、年功序列、終身雇用なんてやめてしまえばいい。

今よりもこれからがもっと過酷になるのではないかと思う。

人がいないのから悪いではなく、人が来ないのには理由があると思う。



おつりで投資 トラノコ★毎日のおつりを5円からプロが運用!


スポンサーサイト
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で