所得格差の拡大

厚生労働省は15日、世帯ごとの所得格差などを示す2014年の「所得再分配調査」の結果を発表した。

 所得格差を表す「ジニ係数」は、税金などを支払う前の所得(公的年金などの給付を除く)にあたる「当初所得」で0・5704(前回比0・0168ポイント増)となり、過去最大を更新した。

 当初所得のジニ係数は、1984年から年々増加している。2014年の当初所得の平均は392・6万円で、高齢者が家計を支える世帯では95・3万円だった。所得格差が広がったことについて、厚労省は「高齢者と単身世帯の増加が要因」としている。

今後、高齢者が増えていく中で、この格差はどんどん広がっていくだろう。

結局老後の状況が今後この日本の問題になると思うが、いったいどうなってしまうのだろう。

現時点で生活が苦しい若者のも多く、先の事なんて考えられない状況の中で、

税金、年金を収めている。今後の事も考え今の現状を打破する支援を今からしておくべきなのだろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント