マクドナルドの人材対策

マクドナルド人材対策についての記事を読みまして

今の業界の現状は人材不足。採用してもすぐやめる、なかなか応募がない

こんな現状の中、マクドナルドでは、人材募集に 友人紹介 を使用している。

約60%が友人紹介によるもの、確かに紹介だとやめづらいし、すでに働いてる人の

生の声を聴けるという点で離職にはなかなかつながらないと思いました。

しかし現状はどうなんだろうと思います。

紹介にも限界があるし、いいことばかり言う人(愛社精神)のある人が多いか

ということもあると思うし、ただ友人がいるということは、0から働くより

心に余裕ができるとは思う。

でもそれができるのは、学生が多い店舗や、お店の状況にもよると思う。

きれいなことばかりではないということです。

実際マックは店舗での求人広告が多いし、給与がちょっと他と低い感じがしたのですが、

地元のマックではついに1000円になり広告も至るとこに目につくようになりました。

地元では1000円だと結構高いほうですね。

場所によっては、かなり苦戦している状況がうかがえます。高校生も950円です。

僕の時代からすると信じられないです。僕は、680円とかでしたからね。

時代の変化とともに状況も変わってきてどう対応するかなんだと思いますね。

ただマクドナルドは明確に社員ステップアップさせる企業であるということです。

一生非正規で使い捨てにはしない、よければどんどんステップアップさせて、

モチベーションを下げさせないという点です。

経営状況の不振が続きますが、いちばんは末端でサービスをする店舗、人間の力

によるところも多いと思います。

商品が魅力的でもサービスの質が悪ければ、すたれるでしょう。

特に昨今の簡単に情報が拡散していく世の中ですから、

そしていいことよりも悪いことのが拡散しやすいということです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント