沖縄を考える

辺野古基地埋め立て問題で敗訴した翁長知事。

米軍基地反対活動をする平和活動家の皆様の違法行為、逮捕。

そしてそれがあたかも沖縄県民の声であるとして報道するメディア。

確かに日本はアメリカに戦後しばらく統治され教育などもすべてアメリカによって支配されてきた。

そして、沖縄は長い間日本に復帰できなかった。

沖縄は日本国であるが、アメリカ、日本に対して恨みを持つ人もいると思う。

しかし、今の日本の安全上、米軍は必要であるし、沖縄の立地も安全を守るうえで

重要な場所なのである。昨今は中国による尖閣への圧力、東シナ海をめぐる問題。

必ず中国は米軍がいなくなったら沖縄を取りに来る。

それでもかまわないのでしょうか?

いわゆる平和活動家の方たちは、中国の属国になりたいのでしょうか、

しかもほとんどの方が内地の人間であり、お金をもらって活動している。

自分が今私腹を肥やすためだけの活動が、本当の平和なのか?

先々の未来の子供、子孫の事を考えて活動しているのか?

正直なところこの平和活動をしている人は自衛隊にも反対だし、

憲法改正にも反対。正直なところ軍隊も持てない、日本にとって、

米軍は必要であり、日本が諸外国と同じにしっかり防衛できれば、

米軍はいらないと思う。沖縄を守るための米軍だということを

わかってるのか。

僕にはどうしても反対の人たちの主義主張がわからない。

武力のない平和な世界が一番良いが、人間はそこまで進歩していない。

反対の方も武力を使うように、話し合いで解決することがまだできない。

良い例が中国の国際裁判所の判決の無視。

いずれ東アジアから米軍が撤退すれば、中国によって支配されてしまうだろう。

そうならないためにも日本を守ることを考えてほしい。

正直あの状況は沖縄のイメージにもよくないと思う。

経済への影響だって少なからずあるだろうし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント