36協定是正に受けて

政府は、残業時間を青天井で延ばすことのできる労使間の特別条項付きの協定、いわゆる「36(さぶろく)協定」の是正に向けた議論を始めました。労働基準法36条の条文に基づく36協定は、長時間労働の一因と批判されており、これに一定の上限を設けようとしています。

ブラック企業の温床になっている協定。

会社ははっきりとした説明をせず、協定を盾に長時間残業を迫ります。

このおかしい協定こそ撤廃もしくは、是正されるべきなのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント