憲法改正 安倍首相避ける

 改憲勢力が3分の2を超えて迎えた初の本格的な国会論戦で、安倍晋三首相が憲法論争を避け続けている。与野党の対立が強調されれば、将来の国民投票で賛同を得にくくなるとみているからだ。これまで憲法改正の必要性を訴えてきた首相の沈黙に、野党は「ご都合主義」と批判を強めている。

政治家って選挙だけのためにやってるんだなと改めて認識してしまう。

落選すれば無職になってしまうので、必死の就活なんだろうけど、

当選したらしたで、手のひらを反すし、選挙がちかくなったらぺこぺこして、

なんで政治家になりたいのか、何をしたいのかがわからない。

若者の政治離れはこうした、政治家たちによる政治のつまらなさ、

結果誰が選ばれても変わらないという、政治への不参加につながってると思う。

そういう意味でも強烈な人が出てきてバサバサ切り倒していったら面白くなると思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント