電通 労基法違反立件へ

東京労働局と三田労働基準監督署は14日、労働基準法違反の疑いで広告大手、電通の本社(東京都港区)に立ち入り調査に入った。
女性新入社員(当時24)が過労自殺し、労災認定されたことを受けた抜き打ちの調査だった。
違法な長時間労働が全社的に常態化していた疑いがあるとみて、刑事事件としての立件を視野に調べを進める。

電通は91年にも入社2年目の社員が過労死の事件を起こしている。

電通は大手代理店で、正直天狗になっていたのではないでしょうか。

内部はずさんな管理状態でやっと警察の手が入り、

会社がよくなっていけばいいですね。

しかし、今回の件でしばらくは、ブラック企業認定ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント