東京都 パチンコ来店イベント規制

これまで有名人招致に伴う告知に関しては、原則的に事前及び当日を含めて禁止とされていた一方、店内で来店に伴う注意喚起程度の告知はやむを得ないとされてきた。



しかし、最近になって当日の店内告知についても行政側より都内のホールが指導を受けたケースが発生。


そこで、東京都遊連が行政側に「来店当日の店内告知や注意喚起」「近日来店予定」等の告知について確認したところ、改めて「ことさらに特定の日を想起させ、著しく射幸心をそそるような行為に抵触する可能性がある」と指摘を受けた。



この指摘を受け、東京都遊連では、傘下組合員ホール向けに発行している「健全化センターだより」(10月4日付け)を通じて今後、上記の告知をしないこと、出玉系イベントを想起させる内容の全ての媒体広告(メールやインターネット上の広告、ブログ、ツィッター、LINE、専用アプリ等含む)を行わないよう注意喚起した。

東京都では昨年から釘曲げ問題、等価交換禁止など様々な規制が実施されてきました。

今回はどちらかというと来店イベントで稼いでいた、ライター、芸能人などが、

ちょっときつい立場になりました。パチンコ店にぶらさがった商売は今後

きつくなっていくでしょう。とくに東京都では、パチンコがなくなるんではないかというぐらい

最近規制が多くなっています。

正直、パチンコはギャンブルとなってしまった以上、今後は縮小傾向にすべきと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント