アマゾンの当日配達ヤマト運輸撤退検討

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、大口顧客であるインターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)から請け負っている「当日配達サービス」を段階的に撤退する検討に入った。

人手不足が深刻になる中、長時間労働の原因となっており、サービス継続が困難と判断した。

当日配達の荷物は夕方から夜間に集中し、ドライバーの負担になっている。

その上、大口顧客のアマゾンには割引運賃を適用しており、収益面でも問題があることから撤退検討の対象となった。

便利なサービスの反面その裏では大変苦労や負担を受けている。

特に昨今の人手不足の問題から、各企業は人員の確保も最優先の問題になっている。

WIN=WINの関係構築ができればいいのだろうがなかなか難しい。

配達量が増えても収益が増えず働く人に恩恵がないのであれば厳しいのかもしれない。


セブンプレミアム商品がここで買える!その他話題商品も続々登場!


森友学園土地国が買い戻し

国有地を格安で取得した学校法人「森友学園」が同地に開設予定だった小学校の設置認可申請を取り下げたことを受け、政府は土地を買い戻す方針だ。

不透明な部分ややり方などで問題になってしまったが、なぜここまで狙い撃ちされてるのだろうか。

ほかにも同じようなことがあるのにそこは報道しないメディアの不公平感が否めない。


毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

ヤマト運輸値上げ

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、宅配便の基本運賃について、個人向けを含め全面的な値上げを検討していることを明らかにした。

インターネット通販の急増でドライバー不足が深刻になるなど、サービスの維持が困難になっている状況を打開するのが目的。

基本運賃の全面的な値上げは、消費税の引き上げ時を除くと1990年以来、27年ぶりとなる。

とくにamazonの引き受けで相当数配送が増え、従業員にかなりの負担になっている。

業者の値上げも考え、改善されればいいと思いますね。


東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!

好調の電子マネー

2016年の電子マネーの決済金額が初めて5兆円を突破し、決済件数も50億件を超えたことが、日本銀行が28日に公表した統計で明らかになった。

07年の調査開始以来、電子マネーの利用は右肩上がりで増えており、買い物の「キャッシュレス化」が進んでいる。

他社たくさんの電子マネーがでてきたけど、分散化しすぎてつかわずに消えていくお金もあるんだろなー。


低価格・高セキュリティ「攻撃遮断くん」

屋内禁煙 受動喫煙対策法案

受動喫煙対策の新しい法案をめぐり、塩崎厚生労働相は、閣議後の記者会見で、「加熱式たばこ」については、規制の対象とするかどうかについて、その判断を先送りする方針を明らかにした。

塩崎厚労相は「(健康への影響を)科学的に分析しなくてはいけない。議論していただいている中で、法律として書き込むことは、まだ予定していない」と述べ、飲食店での「屋内禁煙」などを盛り込んだ健康増進法改正案の条文では、「アイコス」や「プルーム・テック」などの加熱式たばこについては明記せず、法律の施行までに最終判断する方針を明らかにした。

喫煙できる場所の縮小とタバコがなくなるかもしれない。

特に経済的にもダメージを受けそうなのが、居酒屋、パチンコ店などだろう。

特に喫煙者が多いイメージがある。

健康増進法を掲げていくうえでタバコを辞めるという手助けも必要になってくると思う。

タバコにも税金が大きくかかっているわけで、禁煙者が増えれば必然とタバコの値段も上がってくるだろう。


驚異の吸い心地!電子タバコで禁煙ライフ!【JPvapor】