パチンコ規制

警察庁は10日、ギャンブル依存症対策として、パチンコの出玉を現行の3分の2程度に抑制する方針を明らかにした。

風俗営業法の施行規則と遊技機規則を改正する。パチンコの出玉規制は2004年以来となる。

改正案では、4時間の遊技での勝ち金について、5万円を下回るように設定する。

また、1時間の出玉率を現在の3倍以下から、2・2倍に抑える。パチスロについても同水準とする。

1回の大当たりの出玉は、現在の上限2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に抑制。

パチスロは480枚(9600円相当)から300枚(6000円相当)にそれぞれ引き下げる。

カジノ解禁にむけて、依存症対策を急務におこなっている。

パチンコ業界は今後さらに下向きの産業になることだろう。

そもそも簡単に短期間で稼げることが、射幸心をあおり、お金をつぎ込んでいく

今後は簡単に稼ぐことも難しくなり、様々な規制で業界は苦しむのであろう。


日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】

19日から ピザポテト他販売再開

カルビーは15日、原料のジャガイモ不足を理由に販売を休止していたポテトチップス「ピザポテト」の販売を19日から北日本・東日本エリア、26日から中日本・西日本エリアで再開すると発表した。

同じく販売を休止していた「堅あげポテト ブラックペッパー」「ポテトチップス しあわせバタ~」も19日から順次販売を再開する。

転売でのポテチバブルが終焉。

なくなるとほしくなり、あるのが当たり前だといらなくなる。少しの我慢も必要なんだなー。


人気コミック絶賛発売中!【DMM.com 電子書籍】


アマゾンの当日配達ヤマト運輸撤退検討

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、大口顧客であるインターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)から請け負っている「当日配達サービス」を段階的に撤退する検討に入った。

人手不足が深刻になる中、長時間労働の原因となっており、サービス継続が困難と判断した。

当日配達の荷物は夕方から夜間に集中し、ドライバーの負担になっている。

その上、大口顧客のアマゾンには割引運賃を適用しており、収益面でも問題があることから撤退検討の対象となった。

便利なサービスの反面その裏では大変苦労や負担を受けている。

特に昨今の人手不足の問題から、各企業は人員の確保も最優先の問題になっている。

WIN=WINの関係構築ができればいいのだろうがなかなか難しい。

配達量が増えても収益が増えず働く人に恩恵がないのであれば厳しいのかもしれない。


セブンプレミアム商品がここで買える!その他話題商品も続々登場!


森友学園土地国が買い戻し

国有地を格安で取得した学校法人「森友学園」が同地に開設予定だった小学校の設置認可申請を取り下げたことを受け、政府は土地を買い戻す方針だ。

不透明な部分ややり方などで問題になってしまったが、なぜここまで狙い撃ちされてるのだろうか。

ほかにも同じようなことがあるのにそこは報道しないメディアの不公平感が否めない。


毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

ヤマト運輸値上げ

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、宅配便の基本運賃について、個人向けを含め全面的な値上げを検討していることを明らかにした。

インターネット通販の急増でドライバー不足が深刻になるなど、サービスの維持が困難になっている状況を打開するのが目的。

基本運賃の全面的な値上げは、消費税の引き上げ時を除くと1990年以来、27年ぶりとなる。

とくにamazonの引き受けで相当数配送が増え、従業員にかなりの負担になっている。

業者の値上げも考え、改善されればいいと思いますね。


東京都からの委託による事業のため、利用はすべて無料!安心サポート!